サービス

3つの事業アプローチ

ビジョンは、掲げるものではなく実践するもの。NEWPEACEでは「VISIONING®︎」を提唱し、事業として開発・展開しています。
ビジョニングとは、企業の社会的意志を行動化すること。世の中のイシューに対して、一貫性を持って行動し続け、信じる理想社会の実現を近づけること。あらゆる前提が揺らぐ現代において、企業やブランドに求められる姿勢だと考えます。

そのような思想を携え、NEWPEACEでは3つの視点からサービスを展開しています。1つ目は、社会潮流を捉えた自らのビジョンの実践としてのコミュニティ事業、2つ目は多様なコミュニティづくりを支えるソフトウェア、3つ目はスタートアップや大企業、自治体などの組織のビジョニングを支援するプロデュースワーク。
領域やビジネスモデルに囚われず、ビジョニングを仕掛けることで、誰もが自由にビジョンを実践できる世界をつくります。そして、21世紀を真に多様性の時代へと導いていきます。

01 コミュニティ

社会のイシューを捉えた新たなビジョンの実践としてのコミュニティ。次なる価値観を持って生きる人々をエンパワーメントし、共創活動していくコミュニティ起点の事業を運営しています。

02 ソフトウェア

自社のコミュニティをはじめ、世の中の多様な価値観の受け皿となるコミュニティをテクノロジーによって支援するソフトウェアを開発・提供しています。

03 コンサルティング&
プロデュース

スタートアップや大企業、自治体などに対して、専門家チームによって「ビジョニング」を支援します。組織の持つ社会的意志をアクションに変えることで、顧客や社員、メディアなど全てのステークホルダーの全方位的な連帯を実現します。